平成元年に作られ三十年もの間、福光屋の貯蔵の蔵で静かに時を経て熟成された希少な貯蔵酒を、
御在位三十年を祝して数量限定で蔵出しいたします。

福光屋が、日本酒の長期熟成酒の研究に取り組みはじめたのは1959年のこと。
四季の温度変化に従った熟成からはじまり、1964年には年間を通じて温度管理が可能な貯蔵庫を設け、
繊細な酒質であるために厳密な温度管理が必要な吟醸酒を低温度帯で長期熟成させる研究も開始。
1970年開催の大阪万博では、3年熟成の吟醸酒「福正宗オールド」が出品され(清酒業界初)、
日本酒に、繊細な吟醸酒にも長期熟成ができ得ることを知らしめ、当時大きな話題となりました。

平成元年、平成天皇の御即位と新元号の幕開けを祝し、その年の日本酒を眠らせること三十年。
そして平成三十一年。御在位三十年記念のこの年に、香り高く芳醇なお酒となり蔵出しの時を迎えました。

LINEUP商品ラインナップ

  • 百々登勢 平成元年醸造 純米酒

    平成元年醸造の純米酒の原酒を、平成最後の年を記念して特別に蔵出しとなりました。平成の間、30年にわたる穏やかな熟成によって美しい琥珀色、甘く複雑な香り、濃醇で奥行のある味わいをお楽しみいただけます。甘やかな香りの中に丁子やシナモンのスパイス、ドライハーブを想起させる爽やかさ。重厚感のある濃醇な味わいに、酸味と苦味が調和したバランスのよさが特長です。

    720mL 1本 化粧箱入

    税抜価格:31,000円

    商品コード:19400

    詳しくはこちら

  • 福正宗 吟醸新酒 一九八九

    「平成」が誕生した1989年1月に瓶詰めされた純米大吟醸が、この「福正宗 吟醸新酒 一九八九」です。平成天皇御即位、新元号の幕開けとともに生まれたこの香り高く初々しい純米大吟醸の搾りたては、平成の三十年もの間、ゆっくり氷温瓶貯蔵されてきました。 天皇陛下御在位の間、三十年に及ぶ時間は、お酒に万有の恵みを授けました。搾りたての純米大吟醸の豊かな香味をそのまま残しながら、穏やかな旨味をさらに深め、芳醇な余韻を湛えた、福光屋に現存する希少な純米大吟醸三十年熟成酒です。 この度、平成の結びをお祝いする慶祝行事にちなみ、次代に続く永久の多幸と安寧を心から願って九十九本限定のお披露目と相成りました。

    500mL 1本 化粧箱入

    税抜価格:30,000円

    商品コード:33898

    ※「福正宗 吟醸新酒 一九八九」は2019年3月22日(金)より発送を開始いたします。

    詳しくはこちら