【福光屋】オーガニック 純米料理酒│ 酒蔵の調味料・醗酵食品 | 金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

夏の贈り物2020

オーガニック 純米料理酒

2020年5月15日新発売
  • オーガニック 純米料理酒
  • オーガニック 純米料理酒
有機認証を取得した本格純米料理酒
酒米農家と福光屋が約60年の歳月をかけて土づくりから取り組み実現した、契約栽培の有機栽培米を100%使用し、有機認証を取得した「壽蔵(ことぶきぐら)」で醸造した純米料理酒です。丹精こめて栽培された有機米と霊峰白山を源流とする百年水、金沢特有の気候で伸び伸びと育つ麹や酵母を用い、原材料にこだわりました。アミノ酸や有機酸などの旨味成分を豊富に含む純米酒をさらに3年間熟成させることで、よりまろやかで豊かな風味に仕上がっています。食材本来の美味しさを引き出し、和食はもちろん、洋食、中国料理など、あらゆる料理を味わい深く仕上げます。日本・アメリカ・EUの計29カ国において、厳しい日本酒の有機認証を取得しています。
商品情報

味わい

素材の旨味を引き出すまろやかな熟成酒
【原材料】 米(国産)、米麹(国産米)
【原料米】 全量契約栽培米・有機栽培米使用
山田錦100%(兵庫県多可町産)
【精米歩合】 65%
【製造区分】 純米
【酵母】 自社酵母
【アルコール度】 13度
【日本酒度】 +2
【酸度】 1.4
【アミノ酸度】 1.6
  • 直射日光・高温を避けて保存してください。
  • 開封後はお早めにお召し上がりください。
  • シェア
  • 720mL 1本

    商品番号 : 040174
    1,800円 (税込 1,980円)
    • 数量
さらに詳しく
村米制度_ 兵庫県多可町と福光屋

酒米の最高峰「山田錦」は全国の酒造家から熱望されていますが、育成が難しい上に栽培地が限られているため、稀少価値の高い存在です。山田錦発祥の地とされる兵庫県多可町中区は、盆地特有の気候と粘土質の土壌をもち、山田錦の栽培に最適な条件を備えています。1960年に福光屋は、この中区・坂本と山田錦の契約栽培を始めました。「村米制度」とは、より良い酒米(酒造好適米)を求めて、農家と共に土づくりから研究し、その村の米をすべて買い上げる理想的な方法。今では全国でも稀な制度ですが、福光屋はこれまで約60年もの間、大事に守り育ててきました。毎年、秋の刈り取り時期には契約農家を訪ね、酒米の出来具合を実際に見て、触れて確認します。冬には契約農家が雪の酒蔵を訪れます。手塩にかけた酒米が香しい新酒となったその出来映えをみに来るのです。一緒に味わいや舌ざわりを確かめ、次の年の米作り、酒造りがさらに向上するよう、率直に意見交換を行っています。

厳しい日本酒の有機認証

日本酒は有機農産物加工食品に分類されることから、 ◎一定の圃場で3年以上無農薬・有機肥料で育てられた農産物に与えられる有機JAS認定取得のお米を使用していること。 ◎加工工程である醸造においても、洗米から瓶詰めに至るすべてが有機認証基準を満たした環境・製法であることを認められた加工場(福光屋・壽蔵)で醸造されていること。 ◎認証に際しては、認証機関の検査員が農地や加工場に直接赴き、厳格な実地調査が行われ、認証を継続するために年1回の実地調査を受けること。
これらの厳しい条件を満たした上で初めて有機認証を得ることができ、“有機”または“オーガニック”の表示が認められた日本酒として販売・輸出が 可能になります。

画家:牧野 伊三夫 まきの いさお

1964年福岡県生まれ。 株式会社サン・アド退社後、画家として本格的に活動を開始。書籍・雑誌・広告の挿絵や装丁を数多く手がける。美術同人誌「画家のノート 四月と十月」編集発行人。最近では故郷の北九州市が発行する情報紙「雲のうえ」の編集委員もつとめるなど、画業を中心に多彩な活動を行っている。

この商品へのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。