鏡割りについて
華やかに、豪快に伝統を今に伝える「鏡割り」

「鏡割り(鏡開き)」は様々な催し物において、にぎにぎしく迫力満点のセレモニーとして会場を盛り上げます。その華やかさ、豪快さは、他に例を見ない日本の伝統的儀式として受け継がれています。会場全体に樽酒の芳香が広がり、雰囲気を盛り上げます。ひとつの樽から勺で木升に注ぎ、参加者全員で乾杯をするという一体感は格別です。

樽酒について・本格菰樽(18L入〜)のご注文はこちら

鏡割りをするには事前準備が必要です。
菰樽は蓋を木づちで叩いても割れないため、事前に蓋を開けて置きます。

  • 鏡抜きに必要な道具を準備します

    必要な道具・木槌・バール・カッターナイフ・茶こし

    ①木槌、②バリ、③カッターナイフ、④茶こし(鏡抜き道具一式として貸し出ししております)
    ※「バリ」がない場合は、L字型のバールでも大丈夫です

  • 1.上部の菰縄を切り取り整えます

    イメージ

    菰の上で交差している縄をカッターで切り取ります。写真は最初から上部の菰を切ったものですが、切られてない場合は余った菰を菰と本体の間に押し込み、菰樽の蓋(鏡板)が見えるように整えます。※菰…樽本体を包んでいる絵柄の描いてある包装

  • 2.鏡板にバリを叩き込みます

    イメージ

    鏡板と樽の枠の間にバリを当て、木槌で叩き込みます。この時鏡板の節目に対して垂直になるようにバリを当ててください。(鏡板が割れてしまいますので、決して節目に対して並行にバリを入れないでください)。

  • 3.鏡板をこじ開けます

    イメージ

    バリを鏡板と樽の枠の間に叩き込んだら、力を入れて鏡板をテコの力で起すように、少しずつこじ開けていきます。一方向からでなく左右から行ってください。開いたら鏡板はそっと持ち上げてください。樽の酒の中に浮いている木屑は、茶こしですくってください。

  • 4.樽酒の中の木くずを取除き、
    鏡板の竹釘を折ります

    イメージ

    木くずを茶こしですくい、鏡板をつないでいる竹釘を交互に折って、再び鏡板を揃い合わせます。

  • 5.鏡割り用に鏡板を整えます。

    イメージ

    鏡板を整えたら静かに樽の上においてください。これで準備完了です。
    鏡割の際は、木槌で軽く叩くだけで鏡板が割れます。

鏡割りと鏡開きは同じ意味ですか?
酒樽の蓋のことを鏡と言います。御祝いのセレモニーでこの鏡を木槌で割ることから「鏡割り」と言われますが、「割る」という言葉が縁起の良い席にふさわしくないことから「鏡開き」とも表現されます。
正月の鏡餅を割る「鏡割り」とは関係がありますか
関係はありませんが、ともに木槌で鏡を割り、縁起の良い儀式であるという共通点があります。

ご購入・お問い合わせはこちら

tel 0120-293-285

商品や付属品(オプション)のご注文、お問合せはお電話にて承ります。

メールでのお問い合わせはこちら