【福光屋】 リーデル大吟醸グラス │ 酒器・グラス | 金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

秋の季節限定酒

リーデル大吟醸グラス

  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス
  • リーデル大吟醸グラス

大吟醸のために生まれたグラス

2000年5月に全世界に向けて発売になったリーデル社の大吟醸グラス「Le Daiginjo」です。実は1998年に福光屋がワイングラスの老舗リーデル社に共同開発を申し出たのがきっかけで開発されたものです。普通のワイングラスより2周りほど大きく、大吟醸の香りや味わいを最大に引き出してくれます。
商品情報
【外寸】 口径60mm × 高さ205mm
【容量】 380mL

円筒型の化粧箱は片面が「大吟醸」の文字、もう片面が開発に協力した各酒蔵の代表銘柄のロゴがデザインされています。

  • シェア
  • 1個 化粧箱入

    商品番号 : 72010
    3,500円 (税込 3,780円)
    • 数量
さらに詳しく
「リーデル大吟醸グラス」の使い方
お酒をグラスの3分の1程度まで注ぎます。残りの3分の2は香りのためのスペースです。グラスをくるくる回すと香りがグラスいっぱいに広がります。ちょっと鼻をグラスの先に近づけるだけで大吟醸の持ち味である果実や花のような香りを楽しめます。繊細な味わいを楽しむためにグラスはシャープな口元にしてあります。これによって、適度な量が優しく舌先に注がれ、その繊細なバランスを保つことができます。
「リーデル大吟醸グラス」の誕生秘話
福光屋では長年、日本酒に馴染みの薄い若い人や女性たちに、現代的でお洒落な日本酒の飲み方を提案できないものかと考えてきました。そこで考えたのが日本酒を飲むためのオリジナルグラスです。国内にもグラスメーカーは沢山ありますが、世界へ向けて発信する意味でも、世界的に 有名なオーストリアの老舗メーカー「リーデル社」に狙いを定め、日本酒の美味しさを最大限に引き出すグラスの開発が始まりました。詳しくは特集をご覧ください。

特集「リーデル大吟醸グラス 開発ストーリー」

この商品へのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。