金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

秋の季節限定酒

日本酒に馴染みの薄い若い人や女性にも現代的でお洒落な日本酒の飲み方を提案したい。
そんな思いで考案されたのが「リーデル大吟醸グラス」です。
大吟醸の豊かな香りや繊細な味わいを引き出す
オリジナルグラスが誕生するまでの物語をご紹介します。

福光屋からリーデル社へのアプローチ

国内にもグラスメーカーは沢山ありますが、世界へ向けて発信する意味でも、世界的に有名な1756年創業のオーストリアの老舗メーカー「リーデル社」に狙いを定めました。1997年6月に香港で開かれた国際見本市「ビネスポ世界ワイン博覧会」に、リーデル社から要人が来場するということで、早速現地で福光屋との話し会いの場がセッティングされました。

アジアパシフィック担当のアンギャル副社長との初顔合わせです。福光屋からは研究開発室の松井圭三、営業の竹腰実郎、国際担当の高崎正宏の3名が向かいました。これが「Le Daiginjo」への最初の1歩でした。

のべ200人の専門家が選んだ究極の日本酒

その後はリーデル社のアンギャル氏が金沢を訪れ、福光屋の研究スタッフとともに第1回目の選考会が開かれました。ここでリーデルの新製品開発用サンプルグラス100種類の中から、明らかにふさわしくないと判断されたグラスを除き、37種類に絞り込まれました。

翌年1998年3月には、いよいよリーデルのゲオルグ・リーデル社長と、福光屋の福光松太郎社長を交えた第2回目の選考会が東京で行われました。ゲオルグ社長は世界各国で長年に渡って開発を指揮してきましたが、様々な特徴を持つ日本酒に対して、一つに統一することは難しいと判断。中でも最高の味覚と香りを持つ大吟醸が、その素晴らしさを引き出し得ない小さな冷酒用グラスで飲まれていることを指摘し、大吟醸のみを対象にしたグラスの開発を決断したのです。

その後、蔵元の会「日本八壷会」をはじめ、多くの蔵元や日本酒専門家の協力を得て研究が進み、ついに6種類にまでグラスを絞り込んで、蔵元や日本酒専門家21名による最終選考会で一つに絞り込まれたのです。比較試飲を重ねること25回、のべ200人もの専門家による厳しいテイスティングをクリアし、在日オーストリア大使館で行われた最終選考会において「Le Daiginjo」が誕生しました。

ワイングラスのようなグラス

「ワイングラスのようだ」というと、日本酒業界の人はちょっと複雑な気持ちになります。同様に大吟醸のフルーティーな味わいを「ワインのようだ」というのを気にするのと同じです。リーデル社にいわせると、ワイングラスももともとはワイングラスという名前ではなく、たまたまワイン用が早く作られて普及しただけのこと。日本酒も研究の結果、これまたチューリップ型(ワイングラス型)で飲むのが一番美味しかっただけのこと。日本の文化性を考えると少々寂しい気もしますが、これもまたアンギャル氏曰く「その商品の特性を最大限に引き出すことを目的に考えるのが、リーデルのコンセプトであり、そこに文化の色が入るようだと、それはリーデルの仕事ではない」と言い切るのでした。

リーデル大吟醸グラス

2000年5月に全世界に向けて発売になったリーデル社の大吟醸グラス「LeDaiginjo」です。

1個 化粧箱入り
3,500円
(税込 3,780円)