【福光屋】福正宗 こづち豆樽 | 金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

秋の季節限定酒

福正宗 こづち豆樽

  • 福正宗 こづち豆樽
  • 福正宗 こづち豆樽
  • 福正宗 こづち豆樽
  • 福正宗 こづち豆樽
福を呼ぶ「打出のこづち」の豆樽
福光屋のコーポレートマーク「打出のこづち」をデザインした、かわいらしい豆樽です。中の酒は麹米に酒造好適米のみを使用した純米酒に純米吟醸酒を混和し、きめ細かく仕上げた特別純米酒です。純米吟醸酒が混和されているので、きめが細かく口当たりのやわらかい、やや辛口の味わいです。後味がさらっとしているので、お料理との相性は幅が広く、飲み方も冷から燗までお好みのスタイルで楽しめます。
商品情報

味わいのタイプ

さらりとしたコクのあるタイプ

飲み方

ロック
氷を浮かべて

10℃〜15℃
常温
20℃前後

40℃〜50℃
-
【原材料】 米、米麹
【原料米】 契約栽培米・酒造好適米使用(麹米)
国産米100%
【精米歩合】 70%
【製造法】 特別純米
純米吟醸酒混和
(混和率/精米歩合60%2割)
【アルコール度】 14度
【日本酒度】 +2
【酸度】 1.7
  • サイズ:縦114×横120×高120mm(手の平サイズ)
  • 鏡開きはできません。
  • ガラス容器に菰が巻かれています。
  • 簡単に開詮できるスクリューキャップタイプです。
  • 直射日光・高温を避けて保存してください。
  • 開封後はお早めにお召し上がりください。
  • シェア
  • 300mL 1本 クリアケース入

    商品番号 : 22530
    1,800円 (税込 1,944円)
    包装・のし対応可
    • 数量
さらに詳しく
「こづち」とは

福光屋は寛永2年(1625)創業の金沢で最も長い歴史と伝統を誇る酒蔵です。江戸時代の古地図で金沢の城下町を見ると、現在も酒蔵を置く石引に福光屋の標である「打出のこづち」があります。七福神の大黒様のトレードマーク、おとぎ話の中では一寸法師に登場するなど、「打出のこづち」は福を象徴するおめでたいアイテムです。福光屋は、幅広い日本酒の未来を創造していく福光屋の標として、1997年にコーポレートマークを松永真氏デザインによる「打出のこづち」に一新しました。この「打出のこづち」には、たくさんの福と伝統が込められています。

「福正宗」について

福光屋のハウスブランドであり、地元ではナンバーワンのシェアをもつブランドです。福光屋の創業以来、加賀藩の城下町として華麗な文化を花咲かせた食の都・金沢で、最も愛され続け、常に時代とともに生き、その時代にあった酒を世に送り、実に多くの方々に愛飲されています。福正宗の役割は料理を引き立て、会話を引き立て、楽しいひとときを過ごしていただくことです。自然にふくらむ旨みと、スッと消えていくキレの良いあと味。「さらりとコクのある味わい」が料理とよく合い、次の一杯が美味しい理由です。

福正宗 ブランド詳細へ

この商品へのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。