【福光屋】 酒蔵仕込み・生 塩糀 │ 酒蔵の調味料・醗酵食品 | 金沢発、日本酒・醗酵食品・化粧品の福光屋オンラインショップ[公式通販]

父の日

酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】

クール便
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】
  • 酒蔵仕込み 生 塩糀【冷蔵】

素材の持ち味を引き出す万能調味料

良質の酒米で仕込んだ米麹に、厳選した塩と酒蔵に湧き出る恵みの百年水を加えて醗酵させた伝統調味料です。加熱殺菌していないので、生きた酵素が食材をやわらかくし、旨みを引き出し、さまざまなお料理を美味しく仕上げます。
商品情報

味わい

ほどよい塩味と醗酵由来の天然の甘み
【原材料】 米麹、塩
【原料米】契約栽培米・特別栽培米使用
国産米100%
  • 添加物不使用・非加熱処理。
  • アルコール分は含まれておりません。
  • 要冷蔵(10℃以下)、クール便でお届けします。
  • 商品到着後も冷蔵保存してください。
  • 開封後はお早めにお召し上がりください。
  • シェア
  • 250g 1個

    商品番号 : 45530
    648円 (税込 700円)
    • 数量
さらに詳しく
「塩糀」の使い方

◎和え物、炒め物、煮物など、様々なお料理の味付けに塩の代わりにお使いください。
◎魚や肉、野菜を漬け込む漬け床としてお使いください。
◎ソースやドレッシング、タレとして生のままでもお召し上がりいただけます。
◎炒め物などは焦げやすいので加熱のしすぎにご注意ください。

「麹」と「糀」

「こうじ」を表す漢字は2種類あります。こうじは、米や麦、大豆などの穀類でつくりますが、それらのこうじ全般を表す漢字と して中国から伝わった「麹」という字が使われています。もう一つの「糀」という字は、明治時代にできた国字(和製漢字)で、蒸し米に麹菌をつけて発酵させ た米麹のみを表します。

酒蔵の「麹」づくり

福光屋の酒造り、醗酵食品づくりに欠かせない「米麹」は、蔵のなかで熟練の職人たちの手によってつくられています。原料とな るのは契約栽培された酒造好適米と、福光屋の地下から湧き出る仕込み水「百年水」です。米は蒸されてから30〜40℃に保たれた麹室と呼ばれる特別な部屋に運ばれ、種麹(もやし)を振りかけて米粒に黄麹菌が植え付けられます。室に入れてから約2日間ほどで出来上がりますが、とてもデリケートで2〜3時間ごとに手入れが必要な麹づくりは、まるで赤ちゃんを育てているようだと言われています。

「塩糀」を使ったレシピ

■野菜の塩糀漬け
【材料】
・セロリ 1本
・ミョウガ 5個
・キュウリ 1本
・プチトマト 5個
・塩糀 大さじ1〜2
【作り方】
(1) セロリ、キュウリを食べやすい大きさに切る。ミョウガは縦4等分し、プチトマトはヘタを取って洗っておく。
(2) ボウルかタッパーに(1)の材料を入れ、塩糀を大さじ1〜2を加えて混ぜ合わせ、15〜30分ほど漬け込んで完成。


■塩糀ケークサレ
【材料】パウンド型1台分
A
・薄力粉 120g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・粉チーズ 大さじ3
・塩糀 大さじ1
・卵 2個
・牛乳 100mL
・オリーブ油 大さじ3
・ベーコン 2〜3枚
・玉ねぎ 1/4個
・パプリカ 1/2個
・ブロッコリー 30g
【作り方】
(1) Aの粉類をふるいにかける。
(2) 玉ねぎは串切りにして、パプリカとベーコンは5mm程度に切って水気を飛ばすように炒める。ブロッコリーは小房に切ってレンジで加熱する。
(3) ボウルに卵を溶きほぐし、塩糀を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。さらに牛乳、オリーブ油も加えてよく混ぜ合わせる。
(4) (3)にふるっておいた(1)を加え、ゆっくり混ぜる。準備しておいた(2)の具材も加え、ゴムベラでよく混ぜ合わせる。
(5) オーブンシートを敷いた型に(4)を流し入れ、180℃に余熱しておいたオーブンで40〜50分焼く。竹串を刺して生地が付いてこなければ焼き上がり。粗 熱が取れたら型から外して完成。

※表面がキツネ色になったらアルミホイルをかぶせ、焦げないようにして焼き上げる。
※具材の水分が多いと焼き上がりが水っぽくなるので注意。

この商品へのレビュー

この商品のレビューはまだありません。

レビューを投稿する

レビューを投稿するにはログインしてください。

この商品は、次のカテゴリにも関連付けられています。